ハウステンボス旅行記ハウステンボス旅行記 > 観光丸

観光丸

観光丸

ハウステンボスの中には実際に動く外輪船があります。

外輪船とは、船の外側に水車のような物がある船の事だそうです。

幕末の帆船「観光丸」を再現した帆船で、夜にはライトアップもされます。

ちなみにこの帆船、オランダのフェロルメ造船所で復元・建造され、日本まで自力で航海してきたそうです。

日本までの長旅、いったいどのような旅だったのでしょうか?幕末の本物の「観光丸」は勝海舟、榎本武場など幕府の武士が乗り込んだそうです。

いったいどのような船旅だったのでしょうね。

本物の観光丸はさすがに実存しませんが、1855年オランダ王国ウィレム3世から徳川幕府に献上され、長崎海軍伝習所の練習艦として使用された日本初の蒸気帆船として活躍したのだとか。

一応観光船として30分ほど実際に湾内を航海もしているのだそうです。

現役で航海できる外輪船の帆船はここくらいにしかないのではないでしょうか?写真で見ると大きさの実感がわかないかもしれませんが、全長で66メートルほど、幅が14,5メートル、マストの高さは32メートルもあるのでかなり大きな帆船だと思います。

船内や船外の調度品も、当時の物を忠実に再現しているそうですから、幕末の雰囲気を味わうには良いかもしれません。